田中謹也 アイトレーニングキット

田中謹也の視力回復法「アイトレーニングセット」早わかり






田中謹也の視力回復アイトレーニングとは?


子供の視力低下は親にとって深刻です。

ここでは子供が学校検眼でBとかC判定で眼科では仮性近視と診断されたが、眼鏡になるまえに、なんとかして視力回復の方法はないかネット検索して、「田中謹也の視力回復アイトレーニング、1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法〜自宅トレーニングセット」の存在を知ったが、ほんとうに効果があるのかどうか、ネットでレビュー、クチコミ、感想などを検索している人のために、このアイトレーニングキットをわかりやすく説明したいと思います。


仮性近視は眼科では治らない

眼科では仮性近視は眼病とは捉えていません、ありきたりの散瞳点眼薬、ワック、生活習慣指導などのおざなりな経過観察ののち、あとは提携の眼鏡屋へ送り込むだけです。
そもそも眼科は視力回復センターではないのです。眼科医には視力を回復させることは出来ないことをまず認識してください。

そればかりか眼科医のもとでの経過観察の期間に何もしないとその分、視力回復という観点では損をすることにもなりかねません。


田中謹也とは?

肩書は視力回復トレーナー、眼科医ではないようです。しかし仮性近視の問題は眼科医の範疇ではないのです。このことを間違えないでください。視力回復トレーナーの彼らこそが、視力回復のプロなのです。
田中謹也は愛知県小牧市に実店舗の視力回復センター「視快研」を開業しています。
遠方より彼の評判を聞きつけやってきたある母子が、費用の問題で他の方法を探るうちに、手遅れの状態で彼の視力回復センターを再び訪れてきたことに心を痛めて、費用や時間の負荷が最も軽くなり、多くのお子さんが仮性近視から視力を取り戻すように開発したのが、「1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法〜自宅トレーニングセット」です。





アイトレーニングセットの内容

冊子(知識編&トレーニング編) 
仮性近視の原因や仕組みその対処法など、かなり詳細に書かれていて、トレーニングを行っていく上での親の認識を高めてくれます。またこの冊子を読むことで「仮性近視」に関してかなり知識が深くなるはずです。

ブロックストリング 
このアイトレーニングの核となるのはこのブロックストリングを使ったトレーニング法です。最も単純で効果の高いトレーニング法がこのブロックストリング・トレーニングです。ほかの教材と違い面倒くさいトレーニング用の眼鏡を作ったりすることなくすぐはじめらるのもメリットのひとつです。



CD−ROM
このCD-ROにはトレーニング用の13分の音声が収録されていて、この音声の指示に従って子供がトレーニングするだけなので、飽きやすい子供でも長続きするというわけです。

トレーニングシート
トレーニングの記録をすることで、視力回復の推移が手に取るようにわかるので、毎日のトレーニングがさらに楽しくなります。
またこのトレーニング記録によって効果が認められない場合は「返金保証」の対象になるというものです。

メールサポート
これは親御さんがこどもの視力回復に向けての精神的な支柱となるメールマガジンやサポートが受けられるというものです。


他の視力回復セットとの違いは?

まず使うツールが非常に単純だという点です、付属の「ブロックストリング」を壁にピン留めしてそのまま使うだけで、他のキットのように複雑なツール作成は不要です。一日13分の音声を聞きながらのトレーニングなので飽きやすい子供でも続けられるのが特徴です。



販売者が開発者自身だという点です。他のキットでは開発者または監修者との間に販売会社が入ったりするのですが、このキットは開発者である田中謹也が直接販売していることで、彼の情熱を感じられ、値段もその分低くなっています。

視力回復センターの実店舗がある。つまり顔の見えない教材ではなく、「どこの誰が」がわかるところも評価できます。





田中謹也のアイトレーニングセットを使うべきか?

仮性近視の視力回復は早ければ早いほど、視力回復の幅も大きいといいます。

すぐにでも始めるべきだと思います。なぜなら2カ月で効果がない場合は180日間返金保証(当サイト経由の特典)がついているからです。

ですから失うべきものは何もないはずです。手遅れになるとお子さんの視力は低下するばかりで回復ののぞみがだんだん薄くなります。

近所の視力回復センターに通うよりもはるかに費用的、時間的負担が少なくてすむことは言うまでもないからです。





1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法?自宅トレーニングセット


 

サイトマップ